有料の保険相談を利用するメリットは?


一般的な考えとしてはやはり無料でお金が掛らない方が有料より得と考える人の方が多いでしょう。 これは自分や家族の大切なことを決めるものなのです。 本来、無料であろうが有料であろうがやる内容は変わりませんし、あまり大きく変わってはいけないものです。 それでも、特に日本人は気を使って過剰に周囲に遠慮してしまう事があります。 別に、これは断ってもいいものを断りきれなくなってしまう方も多くいるのです。 それが、このように何回も回数を重ねれば重ねるほどそうなってしまいがちです。 そのために、最初からお金を支払った方が遠慮しないで損得の保険相談が手軽にできると言う方もいます。 有料の場合は料金の設定は数千円~高くても1万円ぐらいです。 これが3,000円、5,000円で2時間くらいがあります。 ここでは一般的には多いようです。 ほとんどの場合が初回のみでその後は何回話し合いの席を持っても料金は発生しないようなパターンです。 FPとの相性も当然ありますが、ここで、しっかりとお客様の意見を聞き納得のいくプランを作っていくためにはどうでしょうか。 やはり、ここで何度も話し合う保険相談が必要になります。 当然、一度の話し合いで決まるほど、すぐに決めてしまえるほど簡単な事ではないのです。 匿名のアンケートを見るとそれは無料でも有料でも内容やすべき事は現在でも変わりません。

有料がいいのかはすぐには判断はできません


保険相談のどちらが優れているかはわかりません。 結果はお客様が納得いくプランが組めるかどうかになると思います。 そうなるために、料金が発生した有料のほうが「客」として意見をいえる方もいます。 メリットとして断る事がしやすくなるのですが、ここで上手く断りきれなかったりします。 何度も話し合いをするうちに、親しみや営業マンへの情が出てしまうことはよくあります。 それはだからといって万が一の時にお客様への保障が増える事ではありませんので注意してください。 本来はどちらでもFPの対応や話し合いの密度などは変わらないものですし、すぐに突然、変わってはいけません。 保険相談の側がお金を支払っているかいないかでは大きく精神的な部分に変化が出てきます。 求めるものや真剣度のハードルが一気にお金を払っている事によって、次第に上がるのです。 FPもお客様が納得のいくレベルの質の高い話をしなくてはいけなくなってきます。 それがいい方向に流れていくかどうかはわかりません。 それでも、これは支払いをすることで安心感が得られる方もいるでしょう。 一つ言えるのが有料だからと言ってファイナンシャルプランナー個人の発言が全て正しいと言う事ではありません。 反対に無料だからと言って適当にこなしている方もいればどうでしょうか。 しっかりと真剣に最後までしっかりと向き合ってくれる保険相談もあります。 できれば、有料でも一人のFPで決めることはしないのが現状ではベターなのではないでしょうか。

勉強していくことで保険相談を比較ができる


賢いプランの選び方や見直しの方法は会社やサービスを使い分ける事です。 自分に業界の知識がない事を言い訳にするのは辞めましょう。 将来の自分と家族を守る大切なものなのですから、ゆっくりとでも学んでいけばいいのです。 これだけ保険相談の会社が多くある事を逆手にとってもです。 自分にある程度の知識や情報などが付くまで無料相談を重ねればいいのです。 それによってファイナンシャルプランナーの優劣の比較もできます。 ここから自分に必要なプランが見えてきます。 多少時間や労力は掛りますが、それでもそうすることで納得がいく可能性が少しでも高められるのではないのでしょうか。 その後、有料でもう一度ゼロから見直しをしてみてはいかがでしょうか。 何も情報や知識を持たないままお金を支払って、ただ話を聞くだけでは意味がなくもったいないのです。 これは有料ではなくタダで授業を受ければいいのです。 そうすることで、より質の高い話をする事ができるようになるでしょう。

ほとんどのお客様が自身や家族の将来を支える大切な保険相談を無料で話しをしたり、ゆっくりと聞いてもらうことに抵抗がある方と言ってもいいのではないでしょうか。 信頼できるのはお金を支払うからだとサービスの面でこのポイントを考える方も実際には多いようです。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ