保険相談が無料の理由はどうして?


見直しや相談がなんで、どうして無料なのか、気になる方は多いと思います。 「ひょっとしたら、強く勧誘されて無理やり契約させられるのではないか?」。 「結局はセールスなので本当に自分に合ったものではなく高くても利益になるものを紹介されるのではないか」と考える人も少なくありません。 もちろん、当サイトで紹介する会社はそんな事は一切なく、ここでの運営は各生命保険会社や代理店からの広告掲載料や資料請求の手数料などから行っています。 断る事はもちろんのこと担当の相談員、またはFP(フェイシャルプランナー)と合わなければ、迷わずにすぐに代えてもらう事も可能です。 無理やり、ここでは勧誘される事も、無料保険相談したからと言って契約を迫られる事もありません。 景気が良く、月に支払う額が減ってきた現代はより一層、これから未来のしっかりとプランをもう一度、見直しする必要性が出てきました。 これは実際に平成9年度は平均年間払込の生命保険は約67万円だったものがあります。 平成21年には約45万円と20万円近く大幅に下がっています。 これはバブル崩壊後、景気の回復がなかなか見込めない中で、常に自分で冷静に考えなくてはいけません。 常に万が一の時にまで備える事がより自分では複雑で難しくなっているのです。 そんな中、しっかりと各家庭の生活プランにあったものを数社から吟味してから、選びしっかりと細部まで説明をうけましょう。 商品を紹介する事でお客様に納得してもらってから相手に契約してもらうというこの無料保険相談や見直しが当たり前になってきたのです。 こういったデータをここで踏まえるとバブル絶頂期のように「とりあえず契約させる」という方針は今の日本では全く現段階では通用しなくなったと言っていいでしょう。

無料保険相談を受けてくれるFPって?どんな人?


俗に呼ばれるFPとはFinancial Planner(ファイナンシャルプランナー)の頭文字の略になります。 このFPが名前の意味の通りお客様の財政上の計画を見つめ直す事でしっかりと建ててくれます。 日本では最近やっとテレビ番組やメディアなどで大々的に取り上げられるようになってきました。 これは西洋のアメリカなどの金融先進国と言われる国では定着しお金がかからない無料が当たり前のものとなっています。 一社の専属の相談員では当然ですが選択肢は限られてきます。 当然、本当は他社の商品の方がお客様には合っていたとしても自分の所属しているところ以外は儲けがないので紹介はしてくれません。 複数社を中立な立場で扱える事によって選択肢も組み合わせも大幅に広がりました。 本当にお客様の家計や将来設計に合ったものを吟味し上手くチョイスできるようになるのです。 また業界の離職率の高さも気になる所です。 なんと驚くべき事に8割以上と言う数字が実際に出ています。 またほとんどの場合が就職してから2年から3年程度というデータが出ています。 ということは裏を返せば自分の一生を考えなくてはならない終身の生命保険などをいつ自己都合で辞めるかわからない営業と契約することになります。 一生のものですから契約後のアフターケアもしっかりとしてくれる知識も豊富な無料保険相談をしてくれる担当員がいいですよね。

生命保険のプランは一回の相談で決めるものではありません


ライフプランは一回の無料保険相談で決めれるものではありません。 何度も話し合いをして家計や生活、将来のライフスタイルなどを考慮してイメージを作っていくものです。 ですから、何度も話し合いをしながらプランを考えていきましょう。 無料相談をしたからといって相手に気を使う必要も、情や義理で契約する必要もありません。 なぜならこれは、あなたとあなたの家族の将来のことなのです。 自分や大事な家族の事だけを考えて万が一の事、病気や怪我などもしっかりと見直していきましょう。 実際に生命保険を契約したら終わるわけではありません。 その後のケアも気を使ってくれる親身になってくれる無料の相談員を探しましょう。 万が一の事は考えたくはありませんが、これは愛する家族の事や将来なども踏まえてもう一度見直してみる機会かもしれません。

無理に相談をしてからと言って新たに契約を交わす必要もありません。 本当に必要であるときだけでいいのです。 また現在の状態を改めて見直し確認できると言うのも一つのプラスで有意義なメリットなのではないでしょうか。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ