生命保険の基本形は定期・終身・養老の3つです


実は友達の相談の紹介で加入したけどあまり実際は詳しくはよくわからないという方が非常に多いのです。 生命保険の会社だけでなく種類やプランも複雑で組み合わせなども数えきれないほど頻繁にあるためにです。 これは実際にはそんなに払う必要のないものまで払わされている可能性もあります。 それはだからといって紹介してくれた知り合いが悪い事をしたということではけしてありません。 年齢や家族形態に応じて今の時点で合っている会社やプランに出来るならすぐに見直すべきなのです。 そういう意味でも少しだけでも頭の中に基本的な知識を身につけておきましょう。 結果としては、そうすることで、より一層、損をしないものを、ここでは断りやすくなったりします。 今ある結果として、これを長い目で見てもこれからも探しやすくなる事でしょう。
・定期 ・終身 ・養老
統計データから基本的にはこの3つで生命保険は成り立っていると現段階では考えていいでしょう。
それぞれの特徴をわかりやすく簡単にまとめていきます。
定期
・一定期間を保障するものです。
・基本的に返還のない掛け捨てでお金を貯める事は出来ません。
・この3つの生命保険で一番割安です。

終身
・一生涯を保障するもの(死ぬまで)
・貯蓄性もあります。
・定期よりは貯蓄性がある分同じ保障金なら支払う月額は高くなります。

養老
・一定期間を継続で保障します。
・貯蓄性が高いと言えます。
・同じ保障額でしたらこの3つの中では一番支払う料金の月額は一番高いと言えます。
・子供が産まれたら加入する人が多い学資タイプの種類のものと言えます。

3種類の生命保険に適したものを見つけて軸となるものを作ります


生命保険を主契約とする場合は上記の3つの中からまずは見直していく事になります。 その中でも目的によって選び方は異なってくるのです。 自分にもしものことが起きてしまった場合の事(死んでしまった場合)のことを考えてみましょう。 残された家族や子どもに、どれくらいの金額を残していきたいかということがまず一つです。 そしてもうひとつは、自分の将来のために毎月貯蓄をしていきたいと無料相談する人のケースの場合です。 この場合は当然のことながら掛け捨ての「定期」などでは、このようにお金を貯めていく事は、やはり簡単にはできません。 つまりは終身や養老といった長い物に加入することになります。 しかし、この2つの生命保険はやはり掛け捨てである定期と比較すると月の支払額は大きくなりますので月々いくら払っていくことが、自分の現在の生活に合っているかどうかを計算する必要があります。 また、将来のプランや子供の年齢や人数なども考え細かく作って家族で相談していかなければいけないのです。 ほとんどの人がこれもせずになんとなく加入したままになってしまっています。

死亡時の生命保険の希望額 平均は男性3,566万円、女性1,720万円です


注意しなくてはいけないのがこれはあくまで希望額ということになりますから実際の加入金額の平均は男性が2,043万円で約1,500万円、女性で944万円で約800万円下回っている事になります。 これからも不景気や安定しない状況が続けば良いでしょう。 もしもの時の事のために備えたいという気持ちとは裏腹に実際は、そこまで生命保険に多額なお金を掛けられないという状態になります。 この数字を見て自分と照らし合わせるのではないのです。 このような家族全体を見直して、ここから更に将来を相談していかなくてはいけません。 「皆がこれくらいの金額で設定しているからウチもそれくらいないと」また「隣の○○さんの家はこれくらい月々支払っているから」というのは気になる内容の話です。 しかし、ここで実際は人それぞれ万が一の時に必要となるお金は異なってきます。 しっかりと生命保険を考えていかなくてはいけません。

もしもの場面は想像したくはありませんが急に来るものです。 そんな時に残された大切な人の事を考えるのは当然の事なのかもしれません。 あまり良くない事をネガティブに考えないで済むような安心も大切な事で必要と言えます。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ