最も男性が相談で重視するのは死亡・医療・老後・介護のどれか?


生命保険文化センターの平成22年度の相談調査によると、男性が保障として力を入れていきたいのは死亡保障が約29%、医療保障が約23%、老後保障が約24%、介護保障が約7%となっています。 やはり死亡保障が一位になっていますが、これが女性と全体とになると医療保障が1位の約27%となります。 女性だけ場合は約31%にもなります。 実際に日本では簡易生命表のデータによると90%が還暦の60歳までは生きていることがわかります。 しかし、だからと言って10%しか人生において死亡確率がないなら、こういった医療保障をもっとここから充実させるべきだと言う話では当然ありません。 これが万が一の時のことを考えれば、ここでは自分がその約10%に当てはまらないとは誰もが言いきれません。 そして、結局これの、ほとんどの方が気にするのがその手前の病気に掛ってしまう事や大きな怪我です。 その数字は89%約と9割の方がそう感じております。 可能性として長期入院などの事を考えると不安だと相談する方が約58%もいます。 お客様の年齢によってもやはり変化してくるものです。 結局はこれは医療保障や老後保障は年齢を徐々に重ねるにつれて、結果的には徐々にどうしても気になってきます。 現状のポイントを考察して踏まえると死亡と同様に入院医療もしっかりと未来をイメージします。 想定して随時積極的に見直していかなくてはいけません。

約8割の方が入院をして病院で死亡します


もし突然の事故や災害に無意識に巻き込まれたりすること以外はほとんどの場合はどうでしょうか。 何らかの病気に掛り入院し最期を迎えますが、その割合は約8割とここでは言われています。 平均寿命の80歳までの生存率は男性で約58%、女性で約79%と非常に高い数字になっています。 そうなってくると実際は期間がいつまであるかは非常に大切になってきます。 これは健康状態などによっても大きく変わってきますが、これが支払える予算がある方は終身に加入する事をおススメします。 定期が満期になってから終身移行できる商品もありますので、しっかりと無料相談してみましょう。 またがんや、心筋梗塞、脳卒中など大きな病気の場合は、タイプによっては無制限の支払い期限なプランもあります。 今加入している医療保険の期間や、保障内容をもう一度見直してみましょう。

入院保険は月額1万円~1万5千円が最も多い



年齢や自分の健康状態や家系の死亡理由などによって人それぞれ価値感は変わってきます。 身近にがんや三大疾病に掛った人がいる方と、家族が健康でピンピンしているという方では捉え方は大きく違ってきます。 あくまで一般的な数字が月額1万円~1万5千円ということです。 他人とこのような話をする機会はあまりなく平均を知ることで自分の状態が確認できます。 入院期間の設定や保険料の払込期間(短期払いにするか終身払い)、解約金があるかないかなど医療保険ひとつとっても非常に選択が難しくなります。 これは相談して決めていかなくてはいけないことが、将来的にも実際にたくさんあります。 特約として用意されている払込免除、成人病特約、女性医療特約もありますしそれ以外にも細かくあります。 医療入院を主契約とするか生命保険に自動で付随させるかでも大きくこれも変わってきます。 一番最初にできることは自分が加入しているものが現在どのような状態にあるかを担当に無料相談する事です。 そこからFPや知識がある人と健康状態なども考慮しながら徹底して見直していかなくてはいけません。

数年前では不治の病とされていた病気でも近年光が差し始めてきました。 ものすごいスピードで進化する医学に法律や制度が付いていけていない不安な現実もあります。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ