がん保険の無料相談が増加している理由


日本人の死亡理由の一位が約30年間は「ガン」と言われています。 年間30万人以上の死亡者を超えるこの病気は割合的には男性で約53%、女性で約41%と言われています。 これはおおよそ二人に一人の割合でかかっていると言えます。 がんが死亡理由となる確率は男性で約26%、四人に一人の割合、独身女性で約16%の六人に一人となっています。 恐らくほとんどの方が見えない不安を抱いている病気の一つであると言う事がここでは確実に言えます。 近年では医学の発達と共に死亡率は緩やかにですが徐々に減少傾向にあると言えます。 しかし、日本人にとってはまだまだ恐ろしく多くの人が、これから一度まず考えなくてはならない病気の一つである事です。 これは過去を踏まえても意味的にも間違いありません。 結局これが最近ではやはりがん保険に関するプランや無料相談も各社それぞれ充実しています。 万が一でも、かかってしまってからでは加入はできません。 こういった状況を上手く総括すると今のうちからプランを練っておく事が、今では安心や安定へのそれぞれの最初のポイントとなる第一歩となるのではないでしょうか。


がんになった場合の治療費


あくまで平均的な額ですが病院の治療には、平均で100万円以上はかかると言われています。 種類によっても当然治療費は変わってきますが、日本人の男性の中で一番多いと言われるものです。 胃がんで一日約3万8千円、合計で約102万円です。 通院・入院の費用だけでなく再発や自宅での転移防止のための手術費や抗がん剤治療などです。 思っている以上に金額は加算されていってしまいます。 最先端の効果が不明な先進医療などもありますが、その価格は300万円以上と本当に一般家庭には、なかなか支払いができないものとなっています。 がん検診による早期発見で適切な治療や相談ができることによります。 危険なリスクを少しでも少なくしていくことが良いのです。 現状では、これは日本人のがん検診の受診率は約20~30%と欧米の先進国の約70%の半分にも、ここでは届いていないのです。 がんの治療はかかってしまう部位にもよります。 再発や転移の事なども考えると長期的なスパンで医療期間、療養期間を考えなくてはならないような病気です。


がん保険の保障内容とはどのようなもの?


がん保険は医療保険と同系統のもので考え方としては同じです。 最近の生命保険の会社を見ると独自の元のとして考えた方が良さそうです。 どこの会社もがんだけに病気の種類を絞った作りになっていますので、当然ですが医療保険より月々の支払額は安くなります。 診断給付金から入院給付金、抗がん剤などの特定医療給付金や先進医療給付金などと細かい設定が各社あると思うので無料相談してみてください。 その中で生命保険と保障内容のバランスをしっかりと考えなくてはいけません。 これも実際には現在の健康状態や喫煙率なども含め各個人バラバラになります。 将来へしっかりとプランをFPと無料保険相談して決めていったほうがいい場合が多くあります。 ただ入っていれば安心と言う問題ではありません。 また現在加入している方も、しっかりと保障と生命保険の金額のバランスを纏めて比較しないことには自分に合っているかどうかはわかりません。

高い治療費が原因で大切な家族を救えないと言う事は非常に残念で後悔が残る事になってしまいます。 万が一の時の事をもう一度冷静に想像してみましょう。 備えあれば憂いなしということに安心感という意味も結局は含めて考えなければいけないものとなってくるのかもしれません。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ