無料保険相談や見直す時は家族の事を考える時


考えられる無料保険相談や見直しのタイミングとして今まで生活していた家族から1人で独立したりします。 会社でセールスレディーなどの紹介で加入する時が最初の時かもしれません。 その次に来るのは最愛のパートナーを見つけて結婚した時です。 家族ができるとやはり「もしも万が一何かがあったら」という思いは強くなります。 これから子供ができた時にも将来の事や自分が病気になった時や怪我をした時などです。 「守るべき人がいる」事を実感し考える時になります。 子供が小学校や中学校、大学などに入学、卒業した時や自分と同じように独立した時などもあるのです。 無料保険相談を見直しをするべき時期なのかもしれません。 もし仮に自分が事故で死んでしまったら、将来残された奥さんや子供の生活費や家のローン、または養育費や学費はどうなるのか考えない親はいないと思います。 これは万が一の時のために今の生活をきりつめています。 それを踏まえるとやはり、このように毎月高い料金を支払い備えるのも随分とおかしな展開の話です。 これはまた現在日本は経済的にもかなり不安定な状況にあると言っていいでしょう。 実際に生命保険に加入する人の割合もバブル絶頂期に比べるとかなりその人口も大幅に減少しています。 このような状況を踏まえるとそんな中、自分や家族の事です。 将来のライフスタイルや生活プランに一番合った商品を無料相談しておくことが必要不可欠です。

今現在加入しているプランには満足している


恐らくこのページにきた時点で生命保険に未加入の人はもちろん今加入しているものに不安を抱いて無料相談しようか迷ってらっしゃると思います。 実際に公益財団法人の「生命保険文化センター」の調査によると現状の保障内容に満足している方が32.8%、反対にしていない方が32.6%というデータが出ています。 3割の方は見直しを考えているということになります。 実質、平成23年度は東日本大震災が起こった事の影響や現状景気が未だ回復の見込みがない事も考慮するとどうでしょうか。 後は、ますます「今のままで今後も大丈夫なのか?」「もっと保障内容のいいお得な商品はないのか」という内容の考えが出てきている事が予想されます。 もちろん生命保険だけではありませんが、家計と生活プランなどのバランスを考えていきましょう。 しっかりと見直しをしなくてはいけない時期は、本当に今なのかもしれません。 ちなみにこの21年度の国勢調査の時点で世帯主が就労不能になった場合(病気やけがなど)です。 必要とされる生活の資金の現状の平均月額は30.7万円となっています。

生命保険なしで国民年金だけではやっていけないと考えている人が8割以上


これは老後に求める生活プランやライフスタイルにも大きく関わってきます。 各個人それぞれの意見が違うものではあります。 約8割が「国民年金だけでは厳しい」という考えを持っている事がわかります。 今のままでは危ない、民間の生命保険に加入し老後のための貯蓄をしっかりと考えなければならないと感じて、新たに保険相談をする方が増えてます。 これは現在の年金未納、記録問題や支給開始年齢の引き上げの件や「破綻するのではないか」という疑心暗鬼な状態も関係していないとは言えません。 また60歳の時点での生存率は平成21年度の厚生労働省の簡易生命表では約93.4%となっています。 ということは、本当に万が一の事がない限りほとんどの方が老後の生活をしっかりと無料相談していかなくてはなりません。 また少子化だけでなく支給開始年齢も、本当にいつになるか分からず安定した将来は今のところ確約できないような状態ですので生命保険やがん、医療、入院保障だけでなく個人年金もしっかりと考えて見直しを随時行っていかなくてはいけません。

現在の日本では法律や制度がどんどん変わっています。 ベストは毎年しっかりとプランを見つめなおす事ですが、それも全て一任してプロにお任せてしまうのも面倒だという方は選択肢の一つかもしれません。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ