子供が出来たら無料保険相談で人生設計が必要です


子供ができた時一家の大黒柱の重要性はさらに大きくなります。 もし万が一、死亡した時の事を考えると残された家族の食費や生活費だけでなく幼稚園、保育園から小学校、中学校、大学進学までの教育費もしっかりと計算にいれないといけません。 またこの先公立校に通うか私立に通うかでも必要な額は大きく変わってきます。 これは死亡後も安定した生活を送る事ができるようにしていくにはどうでしょうか。 新たに産まれるたびに見直していかなくてはいけないのです。 また小さなお子様を多く持つ家庭も同様に、これは今のままで本当に大丈夫かどうかを綿密に相談する作業があります。 ここでは必要になります。 現状、これは何の生命保険にも加入していない方や何も考えずに就職した時や結婚をした時に仕方なく、これから紹介されて義務的に入ったもので本当に大丈夫かどうか考え直しましょう。 データで見ると特にこれまでに何の生命保険にも入っていない方もいるでしょう。 これは今後健康状態によって契約できるかどうかにも大きく関わってきます。 早めに申し込みの行動に移す事を強くおススメします。

子供ができた時に保険相談しなければいけないこと


最初に将来の設計がしっかりとできていて「将来的に何人作るからこれだけ自分が死んだ場合生活費や、養育費が必要」です。 将来のライフプランが練られた上で加入できている方は実際の所ほとんどいないと言っていいでしょう。 今現状で加入しているプランに満足している方もいます。 もう一度子供の事を計算に入れて、すぐにプランを見直す必要があるのです。 これは「子供」「学資」と呼ばれるものは実際には「養老保険」ということになります。 システムの仕組みを見ると今の段階ではなります。 このプランは実際は全ての教育費や学費を賄えるものとは程遠くなります。 これは100万円から200万円くらいが貯めれると言うものがほとんどです。 これでは大学の入学金などの足しになる程度です(一人あたりの掛かる学費はトータルで1200万~1500万円が一般的)。 もし、これから自分に何かあった時の子供の学費などを、まずしっかりとフォローしたいと考える方は親の死亡保障をもう一度考えるべきなのです。

家族の将来の事まで考える事の難しさ


まず、自分の死亡保障を子供が産まれた分を増加したり既存のプランを変更することで自分が死んでしまった後の事は考える事ができます。 次に被保険者を子供自身にする場合、社会人になって自分自身で新たに加入するまでの期間を保障する事です。 子供が病気になったり怪我をしてしまったり、万が一予兆もなく突然死亡してしまった時の事を考えるとどうでしょうか。 親が両親とも健在な事を考えれば経済的ダメージより精神的なダメージの方が大きい事が予想されます。 備えあれば憂いなしですが、子供が対象者となる場合を考えるのは、これは非常に難しい問題です。 次に、学費を貯蓄するために学資や子供に加入すると言う場合は、どれだけ利回りがいいのかを保険相談してみましょう。 どんな保障が合って戻ってくるお金はいくらになるのかをしっかりと把握する必要がここには確実にあります。 軽く説明しただけで、これらのことを全て考えなくてはならないのです。 最近では、「一見すると安くてお得に見えるプラン」が数多く存在しますから、それらを見破るのは専門の知識があっても難しい事なのです。 現在の家計とのバランスも当然のことながらあります。 今の生活を圧迫してまで掛け捨ての生命保険に支払いを続けていくことは、どうなのでしょうか。

安心できる安定した育児をしていくためにはやはり経済的にも少しでも余裕がある事が条件の一つと言ってもこの場合はいいのではないでしょうか。 子供の将来の事や教育の事を早い段階からしっかりと受け止めて随時、まずはここではタイミング毎に細かく考えていきましょう。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ