結婚と共に新たに無料相談や見直しをする方は増加


保険の加入や見直しを考える時のタイミングのひとつとして結婚による変化が挙げられます。 大切な一生を共にするパートナーの事を考えるとどうでしょうか。 もしもの事が起きてしまったときのことをより強く深くこれから相談しなくてはならないきっかけになるのではないでしょうか。 まず大切な点は長いスパンで見ていかなくてはいけないということです。 就職した時にセールスの女性に勧められて、なんとなく加入したプランで本当に大丈夫なのでしょうか?。 そして、その既存のプランの仕組みが何を保障するものでトータル期間はどれくらいになっているかです。 または近い将来とこれから月々いくら支払っていきます。 もし死亡した場合にはいくら残された家族に入ってくるかしっかりと把握していますか? 未加入の方はもちろん、既に生命保険に加入している方も結婚を機会にもう一度的確にこれを考えて見直してみましょう。 ここでは数字を比較するとまたしっかりと二人で子供を実際に何人作るか考えましょう。 これから将来何人欲しいか、どのタイミングで家を購入したいかなど将来設計を細部まで相談し合う事も結果的には、これが必要です。


生命保険の加入率は約90%と言われています


加入率は年齢が高くになるにつれて増加している以外にも、未婚者<結婚した方<子供がいる方という順位付けの様に守るものができることに加入したりプランを見直す方が多いようです。 一般的に生命保険の加入が最も高いのですが最近では入院保障、がんや、三大疾病への加入もかなり増加しています。 実際にはこの9割という数字の割には自分が入っている今のプランをあまり理解されていない方が、実はほとんどなのです。 その理由として友人や知り合いからの紹介や会社に来ていたセールスレディーからの紹介などです。 あまり深く相談せずに入ってしまったパターンが多い事があります。 例として多くレポートでも挙げられます。 期間はいつまでか、いつになったら終わってしまうのか?。 その後はどうなるのか満期になったら無事にお金は返ってくるのかわかっていない方が多いのです。 万が一の事があった場合の、保障額○○○○万円という事だけはほとんどの会社が大きく謳っているので、知っている場合が多いのです。 定期保険のとき、掛け捨てで60歳か65歳以降は支払ったお金は返ってこない事を知らないでいる方も多いのです。 これが結婚した相手が働いていない際や、これから子供を作ろうと思っている方はより一層真剣に向き合わなければいけません。

あなたが死亡したら残された家族はどうなってしまうのか?


最近では未納者も多く、年金を支払っていない方も年々増加しています。 しっかりと支払っている場合は公的年金と呼ばれる国の社会保障である遺族年金があります。 会社員やサラリーマンである場合には死亡退職金や、団体保険等が種類としてあります。 これで不足した分を民間の保険を利用して補っていくわけです。 あなたが30歳だった場合、残された家族に月額20万円を30年間入れたいと思うと合計で7200万円の収入が合計で必要になってくるのです。 子供が多い人などはもっと必要になってくるのかもしれません。 奥さまが今現在お仕事をされていない場合などはもっと事態は深刻になります。 実は貯金もなく生活費も厳しいので定額の保険料を払っていくのは家計的に大変と考える家族にこそ大黒柱がなくなってしまった時のことをしっかりと相談していかなくてはいけないのです。

人生の転機として自分と相手の将来のことを真剣に考える事ができるいい設計のタイミングとなるのです。 ゆっくりと家族計画を話し合う時間を設けてみましょう。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ