勘違いされている住宅ローンの保険相談


一般的に住宅ローンの知識がない方や初めての方に多くみられる勘違いで必要保証額の中に住宅ローンの分も入れて考えてしまうことです。 「もっと生命保険を支払っておかないと家の支払いもまだまだずっと残っている」のです。 または「家族に家のローンを支払わせるのは申し訳ない、その分死んだあと貰えるようにたくさん払っておこう」と勘違いされている方が実は結構多いのです。 持ち家ではなく賃貸の場合、支払いはずっと続きますので住居分は考えなくてはいけません。 しかし、住宅ローンを組まれている方はその必要はないのです。 そうなると結果、まずはこうしたアンケート結果をここで並べるとその分を生命保険をここから上乗せしていきます。 ここで最初に節約して無理をしてまで払う事は当然のことながらありません。

金融機関で住宅ローンを組む時に団体信用生命保険に加入します


万が一、死亡してしまった後も家を購入した際の銀行のローンの残高はこの団体信用生命保険が銀行に支払いをしますので残された家族や子供は家の支払いが残っている事の心配をする必要はありません。 つまり、これは銀行などの民間ローンで住宅購入をした場合でもです。 こういった団体信用生命保険への加入が義務付けられているのです。 それほど深くは心配をする必要はありません。 ローンの金利の中にこの金額が予め盛り込まれているのです。 では、これは実際に戸建ての家を購入した方は今後どのような考えをしっかりと持っていきましょう。 まず無料保険相談してどの点から各種プランの詳細の見直しすればいいのでしょうか?

加入しているプランは賃貸契約の家賃の分も計算に入っていませんか?


賃貸で生活していた場合に加入した場合、必要保証額の計算の中に家賃が含まれている事があります。 その後、住宅ローンを組むことで団体信用生命保険に加入するのです。 そこからは必要保証額の計算の中に毎月支払う家賃の分を含める必要がありませんから、以前に加入していたプランがそのようなパターンだった場合見直すことです。 少しでも金額を安く相談する事ができます。 自分に万が一の事があった時には、生活費と小さな子供がいる場合は教育費などに絞る事ができるのです。 負担額が安くなった分を毎月の家の支払いに回すことで家計に与える負担は更に大きくなります。 この場合は住宅ローンと生命保険が複雑に絡み合っているのです。 比較してもなかなか一般人が簡単に判断することはできないのです。 現状を踏まえたプロの目でしっかりと見直してもらう必要性があります。 いずれにせよ家を購入する前と同じプランのままでいるのは損をしている可能性が高いです。 なるべく早く無料相談して、少しでも今の家庭環境や家計に合ったより良いプランを探しましょう。

一番重要な事は冷静な落ち着いた判断です。 タイミングや値段など全てをしっかりと見極めましょう。 そのためには自分だけでなく家族と相談する事も大切です。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ