保険の窓口は、設立が平成7年なのでもう15年以上の会社


無料保険相談や見直しで最も国内で知名度が高い企業がこの「保険の窓口」です。 社名は株式会社ライフプラザホールディングスといい屋号は他にも持っています。 代表取締役社長の今野則夫さんは日本のこの業界を救いたいと言う発言を公式ホームページ上でしています。 ここでは、やはり、あまりに知識がないまま契約をしていたりします。 ずっと高い金額のお金を払い続けているのにしっかりとサポートや保障を受けられないままのプランでいることに対しての将来の不安。 お客様が自分に本当に合ったプランの選択をできていない事に対するリスクなどを述べています。 全国236店舗を構えるこの会社はこれまでも様々なシチュエーションです。 しかし、それはこうしてお客様のライフスタイルに本当に適した商品を保険の窓口ではこれをチョイスしてきています。 この15年以上の経験や信頼度は新規参入してきた企業とは当然ですが、やはり安心度が違います。 テレビや雑誌やメディアでも特集されており、現状この業界ではトップと言えるほどの顧客数と実績を常に持っているサービスと言っていいでしょう。 過去の数字のデータから見れば実質、日本の中心である東京の真ん中の銀座にビルを持っています。 これからも様々なブースを持ち無料保険相談を直接肌で体感できるようになっています。

保険の窓口は訪問相談も始めています


お客様が実際に今現在加入しているプランに不安を感じ、見直しや無料相談を考えたとしてもです。 毎日の育児や介護などで忙しくて窓口に来店ができないと言う方に対してもです。 保険の窓口では訪問相談をしています。 もちろんお客様のご自宅や職場などで空いている時間に都合は指定はできますし、その際に別に料金が発生することはありませんので安心してください。 子育てや家事で忙しくてなかなか空いた時間が作れないと言う方が思っている以上に多くあります。 その様な方には大変喜ばれるシステムですが、不安点や良く上げられる質問があります。 せっかく来てもらったのに契約しないのは申し訳ないのではないかという率直な意見です。 または断れないような空気や雰囲気になるのは避けたい、と言う方が結構いらっしゃいます。 FPと大切な家族の将来設計や不安点、それ以外にも色々な事を話し合っていくのですから、そこで1回で決めなくてはいけないとは思わないようにして下さい。 約2時間くらいの話し合いを平均で2,3回は行ってからどうするか考えればいいのです。 最初の日にこれは決めなくてはいけないとかです。 また、実際に何回も来てもらって申し訳ないという考えは、現段階では保険の窓口には一切必要ありません。

保険の窓口は多数のメディアに露出


保険の窓口は雑誌やテレビ番組だけでなくラジオやニュース番組等だけでなく、女性誌などにも取り上げられたり取材を受けたりしています。 それぐらいに、無料保険相談と言うのは今後も何かと注目を受ける存在になっています。 TPP参入で外資系の企業もこの分野でどんどん参戦してくるようになり、それに負けじと国内の会社もそれに対抗するよう様々なプランやキャンペーンを打ち出してくるでしょう。 実際によくゴールデンタイムの広告費が大きな時間にも多くのコマーシャルが流れています。 今まででは考えられないような改善点が出てくるかもしれません。 消費者としては選択肢の幅が広がりますがあまりに広がり過ぎてはいけません。 どうするのが一番ベストな選択しなのかは判断することが難しくなってきているのが現状ですので、保険の窓口では33社の持っている(今後はもっと増えてくる)プランの中からFPが一番お客様に合っているものをこうして組み合わせおススメさせて頂いています。 それでも最終的な判断はあくまでお客様がすることになっています。 気に入らなければもう一度練りなおせばいいのですから、納得のいくものにしましょう。

一社ではなく何十社もの中から自分に合ったプランを選択し組み合わせるわけです。 それは知識や情報力だけでなくデータが最も重要になってくる少し面倒な作業になります。 なかなか一般人の素人には難しいと言えます。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ