必要保障額は死亡した時に生命保険を家族に残したい額


もちろんこの必要保障額の計算は各家庭それぞれ異なります。 それはお子さんの有無や人数、年齢や家が持ち家なのか、賃貸なのかや残された方の労働力などにも関係してきます。 基準値や平均値などはあっても各家庭でそれぞれ事なってきます。 数字で見ると生命保険は、ものすごく莫大で大きな金額な様な気がします。 これだけの金額を受給するために「民間の会社や企業に掛けるには毎月どれくらい払えばいいのだろう」と相談する方もいるかもしれません。 日本には公的年金保障というものがありますが、仮に国民年金や、厚生年金などの支払いを行っていれば遺族年金と言うものがあります。 いくらか残された家族が受給できますが、ただし、これは納付済期間が(免除の期間も含む)加入期間の3分の2以上あることとなっています。 これは死亡した方の職業や年齢、子供の人数によってこれは変わってきます。 こういった遺族基礎年金は基本的に18歳未満の子供がいる残された母親に給付されます。 職業が公務員の方やサラリーマンの方はこれに遺族厚生・共済年金が結果的にそこにいくらかプラスされます。 自営業の方や自由業の方が、生命保険に死亡保障を多く掛けた方が良いと無料保険相談されるような理由はここにはあります。 これは主にこの遺族厚生年金のプラスαがない分ある方と比較すると、やや少ないからです。 数字を見ればその他の死亡退職金や弔慰金、貯金などをこの公的年金保証に合わせて足りない分があります。 民間の生命保険で補いたい額の必要保障額となるわけです。

一般的な生命保険の必要保障額の平均


約3,000万円と言う額が出ていますが、この額が本当にあなたに適正な必要保障額とは限りません。 あくまで平均的な額ですので目安として利用し実際には自分の場合はしっかりと計算し無料相談してみなければいけません。 それも加入するときだけではなく今、現在の時点で「本当にその額で不測時に足りるのか?大丈夫か?」です。 子供が大きくなって学費が必要ではなくなったタイミングや時点で「本当にそれだけの額か?」をしっかりもう一度相談して見直しする重要性があるのです。 自分が死んでしまった後でも家族や子供の事を末永く考えてあげることは本当に素晴らしい事です。 その万が一の安心を考えるあまり「今現在の毎月の支払いが苦しくなっていませんか?」 生命保険の期限が急に切れた時の事を考えるとどうでしょうか。 「今まで支払った金額の分はどうなるのか」をしっかり随時把握していますか? 実際には交通事故や何かの大事故に巻き込まれたりしない限りはどうでしょうか。 すぐにいるものは医療(がんや三大疾病、入院)の保障が平均よりも手厚いものな場合もあります。 一概には言えませんが、自分にはどの種類の保障が必要かです。 家族にはどれだけ残したいか無料保険相談するべきなのではないでしょうか。

50%近くが公的保証だけでは必要保障額としては不安と保険相談


自分にもしもの事があった場合公的保証(遺族年金など)だけでは不安と感じている方が半数近くいます。 日本は二人以上の世帯では約90%近くが生命保険に加入している事から、世界で見ても保険大国と言われています。 しかし、もしもの時の事を考えて加入することは良いとしてもです。 それの必要保障額についてしっかりと考えられている方が結局の所どれくらいいるのでしょうか? 実際には日本での60歳までの死亡率は平成21年度の男性で約8.9%女性で約4.5%と言われています。 この数字を見ての感じ方は人それぞれですが、約9割以上が60歳以上まで生きるというデータがあることです。 これに対してあなたが入っている生命保険の期間が実際に終わるのはいつですか? 60歳までの掛け捨ての定期預金だけに加入していて、何かあった時は大丈夫というように楽観的に考えてはいませんか? プランによっては一円も入ってこない場合も多いにありえます。 最初は、まず、自分がどのような会社のどのような種類のプランに加入しているかをしっかりと把握して見直し無料相談する事が大切です。

あまり悪くは考えたくはない事ですがもしも自分が何らかのトラブルやハプニングなどで死んでしまった時には残された家族にはどれくらいの金額なのかを面倒ですが将来を考えて計算しましょう。

無料保険相談の見直し【生命保険で損をしない方法】

記事一覧

このページの先頭へ