無料保険相談サービスのランキング

 保険の窓口

生命保険の無料相談、見直しと言えば「ほけんの窓口」と言っていいほどやはり圧倒的知名度と絶大な信頼感をもつ国内では最大手と言われています。 驚くべきことに東京の銀座にビル1棟まるごと、現状で全国で232店舗の数があります。 このような現状で取り扱っている会社の数やFPへの満足度やクリアな丁寧な安心できるようなサービスなどです。 全てが世間的な評価も含めて業界トップクラスという事が過去の数字的にもできるのです。 保険の窓口なら何回も生命保険の見直し相談をしても無料です。

資格有者数 地域 相談料金 取扱い保険数 備考
全国233カ所 全国対応 無料 40 7万件/年間相談

 あなたのFP

「あなたのFP」の無料保険相談、見直し件数はこれまでになんと39万2千件となっています。 その中の91%がSBIライフリビングの「あなたのFP」にて無料相談、見直しを行って「良かった」というポジティブな回答をしています。 全国に2千人近くのMDRT資格者を抱えるのです。 つまり、これが結果として提供されるサービスに納得がいく性格も含めて相性がいいFPを徹底して大量のデータから探す事ができます。

資格有者数 地域 相談料金 取扱い保険数 備考
1,980人 全国対応 無料 20 訪問に出向く

 生命保険.com

全国に専門のファイナンシャルプランナーがいる日本最大級で特定の金融機関に属さない中立な立場で無料相談、見直しを行う事ができる「生命保険ドットコム」です。 相談後、プランが複数の会社の組み合わせの見直しの場合でもです。 ここから新規で一括で簡単に申し込み可能です。

資格有者数 地域 相談料金 取扱い保険数 備考
243人 全国対応 無料 45 プロフィール公開

生命保険相談で見直し その後の月額負担の変化の統計

左の図はお客様が今まで加入していたプランを生命保険の無料相談後に見直した月額の料金の比較になります。 結果は平均で6,669円の月額料金の減額となっています。 これが表している事は、生命保険相談の以前はお客様は基本的にお金を払い過ぎていると、地味に損をしていると言う事になります。 専門のプロの目で現在、加入しているプランをしっかりとお客様の大事な家族の現在だけでなく将来の安定したライフプランに合わせて保険相談してもらいます。 ここで要らないもの、無駄になっているものなどをそぎ落としていくのです。 そして一番の大切な所はしっかりと確保して安心できる自分に合った組み合わせに見直しましょう。 これからも変化させていって計算された結果がこの金額になったのです。
現金化 即日

生命保険を見直し、無料相談をした理由 年代別

アンケートを見る限りだとやはり無料保険相談で見直すきっかけや一番のタイミングは、家族構成や収入が変わったことがどの年代も多い事がわかります。 それは非常に大切なことで5年や10年の周期では今の日本の経済の流れや制度の変化のスピードには、どうしてもすぐには誰も対応できません。 唯でさえ今は何が起こるかわからない状態です。 このような短いスパンで自分や家族だけでないのです。 熟練したプロの目で今加入しているプランに無駄や損がないか窓口で無料保険相談してもらいましょう。 見直し点はないか確認するべきではないでしょうか。 またほとんどの世代で見られる外交員の勧めというのは、ここから特に年齢が一段と高くなっていきます。 重要な時期には非常に危ないので、これには確実に注意してください。 ノルマや営業のセールスレディーですら、システムを完全に理解できていない例があり、よくここでは質問としてほとんどの場合、聞かれます。 端的に言えばやはり知識と情報力があるプロのFPに保険相談することがおススメです。

見直しのタイミング

生命保険加入者 終身と定期の割合

生命保険の定期と終身の加入率の割合の平均は20代~30代以降になると終身が比較して倍近くの数字になります。 世間一般的な傾向や流れ、時代の背景を踏まえて結婚や子どもができる事などの家族が増える事、以外にも出世により収入が上がることなども関係していると言われています。 20代の独身男性では無料保険相談をわざわざすることもなく、なんとなく安い掛け捨ての定期に意味もなく加入している方が多いと、ここでは言われています。 家族や子供ができるとやはり将来の事を考えると掛け金は今までどおりでは自分に何かあった時苦労を掛けてしまいます。 まだ子どもが小さな方や、これから人数が増える方はその度にもう一度今のままで大丈夫かどうか保険相談をすることで何度も見直しする必要があります。

生命保険

「今のは知人に紹介された!」が無料保険相談の多い理由です

今、現在加入している商品やプランが友人や会社で紹介されてなんとなく断れずに入ってしまったと言う方は実は結構な数いらっしゃいます。 「付き合いだからお金は損するが仕方がない」「いずれ入ろうと思っていたから」などの理由もあります。 本当にそれはあなたと、あなたにもしもの事があった時の残された家族の事をしっかりと考えて無料保険相談をしてみましょう。




理解しておかないと万が一の時には期間が切れてしまったり、損をしてしまう事がありますので下記のチェック項目に当てはまる方や質問に答える事ができない方は、なるべく早い時期にしっかりと無料保険相談で見直す事をおススメします。

1社の生命保険会社のプランだけで選んでしまった方
なんとなく入っておけば安心と思って加入した方
友人や知り合い、会社の紹介でなんとなく付き合いで加入してしまった方
毎月の生命保険の支払いで家計が苦しくなっている
今まで支払ってきた額はいくら?戻ってくる額は?
万が一の時にいくら生命保険が入るか知らない方や、その期間はいつまで?
10年後、20年後の保険料の変更はありますか?

プランや組み合わせが難しいからプロの無料保険相談が必要になる




【プロの目から見たら自分が加入しているプランで本当に合っているか確認する】
今、加入している商品が自分のライフスタイルに合っているかどうかを見直し、1社ではなく数社の種類やプランを無料保険相談で比較することで見えるものがたくさんあります。

1.生命保険見直し無料相談をすることで今の状況を冷静に確認してもらう事ができます。

2.無料相談をするのはプロの独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)で1社の専属の外交員や営業ではないのでどこかを贔屓したりすることはなくフラットな意見を聞くことができます。

3.今人気があるプランや売り出し中の商品ではなく、本当にあなたのライフスタイルに合わせた商品を数社からいい所を(各社押しの強い内容が違うため)組み合わせて作る事ができます。

4.無料なので相談したからと言って加入したりをする必要はなく、気軽に利用できます。


今、注目を集めているのが「無料保険相談と見直し」

【自分が死亡した時の残された家族の生活に対する不安】だけではありません
万が一のことですが「自分が働けないような大きな病気や怪我になってしまったら」「がんになってしまったら」「三大疾病になってしまったら」などもあります。 またそれ以外にも「老後の生活は公的保障だけで大丈夫か」「介護が必要になったらどうする」などの将来の自分や家族の事を不安視する意見は年々増加しています。 それに対して、生命保険はずっと今のままで大丈夫なのでしょうか?何かがあってから遅いのです。 しっかりと年齢の節目だけでなく、気が付いたらそのタイミングで無料保険相談によりプロのFPに見直してもらうべきではないのでしょうか。

TPPによってアメリカの生命保険が日本に入ることで見直しが必要になる

現在アメリカの6人に1人は保険料が払えずにいます
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)により医薬品、医療機器だけでなくこの分野も市場開放される事が予想されています。 既にゆうちょ銀行とかんぽ生命保険に関しては郵便局の窓口で民間の商品も販売できるようにすることを主張し、要求してきています。 また銀行窓口で外資系の企業も販売できるような規制緩和も求めています。 これが主張通りになりアメリカの様々なシステムが入ってくることによって、このような現状の日本のシステムが大きく変わらざるをえない状況となり、アメリカと同じシステムに変わっていくのであれば国民はどんどん追い込まれてしまうのではないかというのが反対派の意見です。 市場開放されることによって現在ある日本の公的医療制度や公的医療、地方の公的な病院がどんどん追い込まれ、その治療を受けていた方も、苦しくなる事が予想されています。 高額すぎて加入できないと療費が高額すぎて治療や入院をすることができない人が増加してしまうのではないかという不安があります。
TPPの市場開放により当然見直しは必要になってきます。
外資系会社が更にこの業界に参入してくる事によって、利用者の選択肢は良くも悪くも更に増えます。 そうなることにより、より一層システムが複雑化してしまうのです。 FPなどと相談して決めずに、何もわからずに生命保険に加入してしまう事や契約、むやみに解約をしてしまうことはリスクが非常に大きくなってしまいます。 TPPによって生命保険の制度が業界が、システムが大きく変わることが予想されます。 その時も状況に合わせてやはり、家族の将来の長いライフプランだけでなく、現在の日本の制度や状況に合わせて、今加入している会社やプランの見直しが必要になってきます。

保険 比較

無料保険相談の申込から決定までの流れ

まずは無料保険相談のお申し込みフォームからメールで送信
必要事項を申し込みフォームに記入し、メールで申し込みを行います。 この際記入するのは氏名、年齢、住所、メールアドレス、電話番号などで無料相談サービスから来る連絡はメールでも電話でも選択することができます。

FPとの面談の日時の調整をする
これはお客様の都合で決めて頂いてもちろん結構です。 家で、夫婦揃ってお話を聞く方や、旦那様だけ奥様だけ、など色々なパターンがありますが、お客様の予定や都合を最優先して決めていきます。 一日だけでなくいくつか希望の予定日と時間を決めておくと無料保険相談がスムーズに決まりやすいです。

ご面談でお客様の状況確認
現状のプランや家庭の状況、お客様の不安な点や不満に感じている所から、将来のライフプランまでお話をします。 この時にお客様がわからない点などはなんでもFPに相談して、見直してもらいましょう。 けして「1回で決めなくてはいけないことではありません」自分の人生の大きなパートナーになるプランを決めるわけですから何度も話し合いをしていきましょう。 FPとの話し合いは相場では「平均で3回」と覚えておきましょう。 無料保険相談では何回でも多額の料金が発生することはありません。

何度も話し合いをした後、プランを設計・提案します
お客様の要望や不満な点、不安な点、家計とのバランス、将来的なプランなどを全てふまえてFPがお客様に合うプランを設計し無料保険相談をします。 ひとつ忘れてはならないのはこれが「提案」であることです。 たくさん話し合ったからと言って納得がいかない事があれば、もう一度プランをしっかりと見直し比較をして納得がいくまで話し合いをすればいいのです。 お客様が、納得いくプランを作る事ができればその時点で初めて契約を考えればいい事を忘れないようにしましょう。

FPとの相性はありますので変更もすぐにできます

お客様の家族の大切な事を決める事ですから、FPに何か不備な点があったり、少しでも不安に感じる所があれば担当をすぐに変えましょう。
各社とも無料相談に関してはプロのサービス業として失礼が一切ないようにしています。 しかし、それでも「話や考え方が合わない」「気に入らないところがある」場合や、「生理的に受け付けない」などもお客様の中からはでてきます。 その際も、スムーズに次の担当の相談員を用意できるようになっていますので安心してください。 全てにおいて納得のいく生命保険の見直しを選択していけるように各社とも入念に万全の準備をしています。

今のプランがあなたに本当に合っているものでしたらそのまま契約の継続をすればいいだけのシンプルで簡単な話です。 現在の状況と将来の事を徹底してプロの目線でもう一度診断してもらうのも一つの有効的だと言える手段なのではないでしょうか。

必要保証額を計算

記事一覧

このページの先頭へ